FXのマージンコールとロスカットを知ろう

マージンコールとは?ロスカットとは?

FXの中でもかなり重要なシステムとして、マージンコールとロスカットがあります。

 

この2つは密接な関係にあるので、同じ項で説明しますね。

 

マージンコールとは、為替の変動によって損が生まれたときに、現在のポジションを維持する証拠金が足りないことを知らせてくることです。

 

ロスカットとは損をした額がある基準の額になったときに強制的に実行される取引のことです。

 

なぜFXでこれらのシステムが特に重要かというと、為替が急に変動したときに自分で取引できる状態でないとき(寝ているとき、外出しているとき)でも、損を一定以上になることを防いでくれるからです。

 

FXの証券会社や取引業者によって細かい差異がありますが、だいたいマージンコールは損が証拠金の50%以上になると、メールなどで知らせてきます。

 

例を挙げます。

 

証拠金が10万円でドルが100円の場合に1万ドルの買いポジションを持っているとします。レバレッジは10倍です。

 

為替の変動により、1ドルが94円90銭までドル安になったとすると、51000円の損が生まれ、証拠金から引くと残りが49000円です。

 

結果、証拠金の50%以上の損失なので、マージンコールがされます。

 

ロスカットはこの50%から20%くらいで行われます。

 

この数値は自分で設定することができる場合がほとんどです。

 

このようなシステムがFXにはあるのですが、なるべくロスカットだけは実行されないように、為替の変動に見ていくべきです。