FXのスワップ金利と税金

スワップポイントとは?

FXは売買の利益のほかに
スワップポイントというものがあります。

 

これは、2つの通貨の金利の差から
取引することで生じます。

 

2つの国には金利に差があります。

 

取引する際にはこの差を調節します。

 

その調整分が利益となります。

 

外国為替特有のものです。

 

逆に言えば、金利の高い通貨を売って、
金利の低い通貨を買うとその2つの通貨の
金利差を埋めるために、支払いが必要になります。

 

ネット上にあるFXの業者は、ポジションを
得た日から、スワップポイントが日ごとで受け取ったり、
払ったりしていき、たまっていきます。

 

また、土曜日と日曜日にも
スワップポイントの動きは継続します。

 

スワップはポジションを手仕舞いする際に、
為替の利益と同時に受け取ることになります。

 

例を挙げると、スワップポイントの高いポンドを買い、
ポジションを持ち続けるとします。

 

ポンドのスワップポイントの300円に、ポジションを
保有した期間を掛ければいいのですが

 

30日、持ち続けるとすると、9000円、

 

為替が変動しないとここでは仮定すると、
365日持ち続けると、300円×365日となり、
109500円の儲けとなります。

 

これが外国為替のおいしいところです。

 

実践者はこのスワップに狙いを定めて、
これだけで生活している人もいるそうです。

 

もちろん税金はかかるのでその計算も
忘れずに。