FXのレバレッジとリスク

レバレッジとはなんですか?

レバレッジという言葉を聞いたことがある人もいると思います。

 

FXでは頻繁に出てくる言葉です。

 

いわゆるてこの原理のことです。

 

少ない力で大きな物体を動かすことができる原理の
ことから、少ない資金で大きな資金を動かすことが
できることをいいます。

 

株でも信用取引で自分の資金の数倍の取引を行えますが、
特にFXでレバレッジという言葉が出てくるのは、

 

自分の資金を証券会社などにすべてか、一部を預け、
それを担保として外国為替を取引するという特徴が
あるからです。

 

この際に、担保としての保証金に対して、
現実に売買できる金額の大きさが
レバレッジとなります。

 

例を挙げると、今10万の資金を持っているとします。

 

米ドルが1ドル100円として、10万の資金を元手に
1万(100万円)ドルの売買すると、その際レバレッジは
100万円÷10万円=10倍になります。

 

もし、今後米ドルが110円に上がったとすると、1万ドルを
ポジションしているので利益として10万になります。

 

このように少ない資金でも例のような利益を
得ることができる点で、とても魅力があります。

 

ただし、それはリスクがあることともいえます。

 

損失にも同様にレバレッジが働くので、
取引を始める際には注意しなければいけません。

なぜ高レバレッジが可能なのか?

なぜFXでは数倍から数百倍といった高レバレッジが
可能なのでしょうか?

 

それは実際に動くお金に着目すると
わかります。

 

下の図を見てください。

 

 

この図が理解できればなぜFXは高レバレッジが
可能なのかがわかると思います。

 

たとえば口座に1万円あったとして、そのお金を
ドル円でレバレッジ100倍で運用したとします。

 

動かしているお金は1万円の100倍なので
100万円ということになります。

 

そして、為替の現在の値が100円だったとして
それを買いでエントリーしたとします。

 

為替が101円になった場合
運用しているお金に直すと

 

100万円から101万円

 

に増えたことになります。

 

ここで実際に増えたお金は
101−100=1万円です。

 

逆に100円から99円になった場合は
1万円の減少ということになります。

 

このように動かしているお金は100万円と大きいですが
動いているお金は1万ということになり、口座にあるお金でも
リスクをカバーできることがわかります。

 

これがFXが高レバレッジで運用できる理由になるというわけです。