FXと株の違い

株とは何が違うの?

FXはネットで人気のある株式取引とは
違う点がいくつも存在します。

 

まず、株と比較して少ない資金で
始められるのが魅力です。

 

株はある程度まとまったお金がないと
利益を出しにくいところがあります。

 

というのは、株には売買できる株数に単位があり、
1回の取引に最低100万円以上が必要な銘柄が
少なくないからです。

 

もう1つ株には会社がつぶれて株券の価値がなくなる・・・
ということがあり得ます。

 

ライブドアはたくさんの人が持っていた株ですが、
今は紙くずとなってしまっています。

 

こういうことは大きなニュースになっていないだけで、
株式ではけっこうあります。

 

一方、FXは外貨というそれぞれの国が保証しているものを
扱うので、価値がなくなるということがないのです。
(国、世界の経済が崩壊しない限りです。念のため。)

 

また、24時間、世界のどこかかの市場が開いていて、
為替が変動しているのでサラリーマンの方が帰ってきてから、
取引することができます。

 

そういう点で時間がなくて投資できるFXは人気があります。

 

また投資対象という点でも株と違いがあります。

 

株は東証1部だけでも200銘柄以上ありますので、
銘柄選びが大変です。

 

FXは20くらいの通貨から自分が取引したいものを
選べばいいので、値動きを追うのも比較的ラクです。

 

さらに、スワップ金利というものがあります。

 

スワップ金利とは高い金利の通貨を買って、
低い金利の通貨を売った際に、その金利の差を
調節するためのお金を金利としてもらうことが
できることをいいます。

 

他の金利と同様に、その通貨を持ち続けることで
貰い続けることができるため、長い期間持つとその分、
多く受け取ることが出来ます。

FXと株のどちらがいいのか

最終的な判断は

 

いくらお金をかけられるか

 

によると思います。

 

FXにはレバレッジがありますから
少額資金からできます。

 

しかし、一方で大きなリスクを
持ちやすいのもFXといえます。

 

株は現物のみであれば
最悪でもゼロになるだけですが、

 

FXは1万の証拠金で100万円を
動かすことができるので、自分が
持っているお金よりも大きな損を
する可能性があります。

 

損をしたらすぐに不足分のお金を口座に
振り込まなくてはいけません。

 

ただ、レバレッジを2、3倍程度に
抑えてやるのであれば、FXのほうが
初心者向けといえると思います。